自動車重量税、略して重量税とは国産メーカーの自動車でも輸入車というような車の生産国やハッチバック、1BOX車など自動車の形に全て同じでたとえばダイハツやクライスラー、等にも普通に負担をしなくてはいけない税金なんです。新車登録をする際、または定期車検の際に支払う税金です。その税額はそれぞれの愛車の大きさ毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」では完全に異なる概念のため基礎を理解して間違えないようにしましょう。「自動車重量税というものは重さによって」「自動車税というものは自動車の総排気量で」その額が違います。それで、買取する際の扱いも変わりますので注意しましょう。自動車の買い取りのときには支払い済みの重量税がいくら残っていたとしても、その税額が返ってくるようなことはありませんが、一方で、自動車税であれば、既に支払った税金を売却額に上乗せしてくれるケースがあるものの重量税に関しては上乗せになる場合はほとんどないのが現状です。重量税は、どれだけ納付済みの税金が残っていると言っても自動車買い取り店でその事実が材料になる場合はまずないです。なのでその次の支払いつまるところ車検に出すまで待機して査定に出すというのがベストです。中古車引き取りの際は考慮してもらえない重量税ですが特定のケースでは還付される可能性があります。これに当てはまるのは車検が残っているクルマを廃車にしてしまう時。要は、廃車登録をすると残存期間に応じた重量税が返ってきます。ですが車買取の場合はその中古車が廃車されるのとは違って返金されません。それから、売却する自動車の名義を変更してしまった場合や盗難にあったケースなども返金してもらうことはできません。重量税の残っている期間がある車を手放すということは、車検がまだあるクルマということと同じです。その辺りを店側も配慮しますから自動車重量税の期間が残っていれば、そこそこ売却額が上がるでしょう。もちろん、買取額は店次第で異なりますが、車検期間がまだあるということが忖度されれば売却する自動車の買取金額と比べるとそこまで割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.holy-bible-aliens.com All Rights Reserved.