自動車を持つあなたでしたら知っているはずですが自動車税という税金が徴収されます。そしてこれは車の売却の際に当たり前に還付されるのです。こうしたことは本当に実行してみるとすぐ覚えられますがそれでは一つずつ順番に簡単に案内することにしましょう。事前に注意書きするならば、国産のメーカーの自動車のみが対象ではなく海外の車も自動車税が戻ってくる対象になってきます。自動車についても当てはまります。自動車税というのは自動車を所有している人が支払い義務を負う税金なのですが、クルマの排気量の大きさ毎に規定されています。1リッター以下ならば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までだと34500円になります。これ以降は500cc刻みで5000円ずつ増加していきます。そしてこの税は4月1日現在ののオーナーが、来年3月までの全額を支払うことになります。つまり先払いになるということですので、勿論ですが車を引き取ってもらって所有者でなくなった際は先に払った分のお金は還ってくるというわけです。税は前払いでその年度のお金を納めるからその年度内に車を手放した場合は入れ替わった保有者がお金を負担するということになります。買取先が買取専門業者ならば引き取り時に自分が支払いすぎた税額を返してくれます。所有権を手放した際からの税は、入れ替わった所有者が納税義務を負います。例えば10月に自動車を売却した場合は、11月以降来年3月の間までの払ったお金は還ってくるのです。というのは前も述べた通り自動車税は一年分を先払いしているという事実からもわかります。要は前所有者は売却相手に税金を返金してもらうということになります。個人で車を手放す場合には、意外にこのような大事な知識に気付かない方が見受けられるため、きちんと忘れないようにしましょう。自動車税が車を手放すと返金されるという事実をほとんど知られていないからと言ってそれを言わない買取業者も存在します。こちら側から自動車税の返金に関しての話題を出さなければ、全く返金のことに説明しないという場合も頻繁に見られます。そのため愛車の買い取りを頼むさいには自動車税が戻ってくるかどうかをチェックすることを怠らないようにしましょう。

Copyright © 2002 www.holy-bible-aliens.com All Rights Reserved.