自動車重量税、略して重量税という税金は、日本の自動車あるいは輸入車など車の生産国や電気自動車、セダンという車体に関係なく、トヨタやボルボ、などでも同じように負担が必須な税です。新車登録をする場合もしくは車検の際に納税が必要になる税金なのです。その金額は対象となる車の重量によって決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は全く別の概念です。しっかり理解して間違えないようにしてください。「自動車重量税というものは大きさ毎に」「自動車税とは自動車のリッター数で」その金額が違います。そして、買い取りの際の扱われ方異なってきますから注意しましょう。中古車の買い取りの際には支払い済みの税額がどれだけ残っていたとしてもその税金が返ってくることはないですが、一方自動車税であれば、支払い済みの残存税額を売却額に乗っけてくれるといった事例がなくはないですが、重量税の時は足されるという事例はほとんどないのです。重量税についてはどれだけ納めてある税金が残っているとはいえ中古車買い取り専門店にてその事実が忖度される場合はほとんどないのです。そのため次の支払い要は車検に出すまで待ってから売却をするのが無駄は少ないと思います。車の引き取りの際は戻ってこない重量税でもある事例だと戻ってくることがあります。それは、車検の効力が残ったままの自動車を廃車として処理する時。つまり抹消登録をした場合残っている期間に従って重量税が返金されます。ただ、買い取りの場合はその中古車が廃車になるのとは違って返ってきません。さらに手放す自動車の名義変更をしてしまった時や盗難被害に遭った時なども返金してもらうことはできません。重量税の残っている期間がある車を買い取ることはつまり車検の効力がまだあるクルマということになります。そういったことを業者も考慮しますので、重量税が残存していれば、そこそこ買取金額は上がると思います。勿論、売却額は業者によりまちまちなのですが車検期間が残っているということが忖度されれば、車の買取額からみるとそこまで割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.holy-bible-aliens.com All Rights Reserved.