自動車重量税、通称重量税という税金は国産自動車とかイタリア車というような愛車の生産国やプラグインハイブリッド車、ロールーフ車という車の形も関係なく、スバルやポルシェ、などにも当たり前に負担が必要な税なんです。新車登録の時、もしくは車検に出すさいに払わなければいけない税です。支払金額は対象となる車の大きさで決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全く別のものですからきちんと学んで一緒にしないようにしましょう。「自動車重量税は自動車の大きさ毎に」「自動車税というものは車の総排気量によって」その金額が変わってきます。そして買取する時の待遇も異なりますので、注意しましょう。自動車を売却するときには既に支払った税金がどれだけ残っていてもその額が還ってくるようなことはありませんが、一方自動車税であれば既に支払った税額を売却額に足してくれるようなケースがなくはないですが、重量税に関しては足される事例はあまりないのです。重量税というのは、車の売却時に支払い済みの額が残存しているからと言って自動車買い取り専門業者側でその事実が配慮されるケースはほとんどないです。ですから次の支払い、分かりやすく言えば次の車検まで待機して買い取りを依頼するというのが一番良いです。買い取りの際は考慮されないのが重量税ですがある条件の事例だと返ってくる可能性があります。これに当てはまるのは、車検の効力が残っている廃車にしてしまう時です。要は抹消登録をすれば、残っている期間に応じて金額が返金されます。ただし、自動車の売却の場合はその自動車が廃車されるのとは違うので還付されません。それに手放す車の名義の変更をしてしまった際や、盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。重量税の残存期間がある自動車を買い取るということは車検の効力が残っている中古車ということになります。買取店も考慮しますから自動車重量税の期間が残っていれば査定額があがると思います。当然、査定額は買取業者によってまちまちなのですが、車検がまだある事実が考慮されれば売却する車の買取金額と比べるとそんなに割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.holy-bible-aliens.com All Rights Reserved.