車を売る時や、さらに車の売買のさいも印鑑証明という書類がなければなりません。それではこの印鑑証明に関して解説していきます。印鑑証明という書類はその印鑑が実印であることを裏付ける目的を持つ正式な書類です。印鑑証明がないと使っている印鑑が実印であるということが裏付けられません。高額な売買になる愛車の買取のため必然的に実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明という書類が要るのです。印鑑証明をつくるには、印鑑証明をする必要があります。印鑑証明に登録する印は通称、実印といい同じものが二つとない印鑑である必要があります。印鑑を手配して自分が住む役場の受付へ出向けば印鑑登録できます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものを発行してもらえて印鑑登録をしたはんこは実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうためには市役所などの案内係へ行き専用の用紙に必要事項を埋めて印鑑登録カードを持参するだけです。また、自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限などはないのです。そのためどんなに前の印鑑証明であろうがその効力は続くのです。ただ、中古車買い取りの時は、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。通常は有効期限などはないのですが、所有車の買取の時は買い取り先の業者が期限を設定していますので中古車の買取の予定がある場合は売却前に持っておく必要があります。

Copyright © 2002 www.holy-bible-aliens.com All Rights Reserved.